アクターズユニオン

名古屋の声優・タレントを養成、派遣するアクターズユニオン

代表者挨拶

当社のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。
私は二十歳の時にある映画を見て感動したことがきっかけで、俳優・声優の道を志すことに決めましたが、「プロになる!」という夢&期待と、「本当に?・・・ この自分がプロになれるのだろうか?」という不安の中でレッスンがスタートしました。
現在プロとして活躍中のほとんどの方も最初はそんな気持ちでレッスンをスタートさせたと聞いています。
また特に「声だけの仕事」である声優は、スポーツと違い、タイムや距離や重さというような「数字」で自分の成長を確かめることが出来ないため、 私も当時の講師や先輩方、現場のディレクターの方々が言われる言葉に素直に耳を傾け、「絶対にプロになるんだ」という自分の気持ちを信じてレッスンへ通いました。
そのうちに「プロになれるかもしれない」という確信が徐々に持て、そしていつのまにかプロになっていました。
私の経験上、目標をかなえる秘訣は「素直さ」だと思っています。
皆さんも素直な気持ちでレッスンに向かい、目標をかなえて下さい。
一緒に頑張りましょう!



有限会社アクターズユニオン アクターズユニオンアカデミー

代表  杉浦 俊  


会社概要

社名
登 記
所在地
所在地
連絡先
資本金
代表者
取引銀行
URL
Eメール










有限会社アクターズユニオン
1987年12月28日
〒460-0014
名古屋市中区富士見町12-34 富士見ビル
TEL 052-323-1605 FAX 052-323-3421
1,000万円
代表取締役 杉浦 俊治
三菱東京UFJ銀行 土古支店
http://actors-u.com/
act@actors-u.com


会社のあゆみ

1987年12月

1988年8月

1989年2月
1990年9月
1991年8月
1992年7月
1995年4月~
1995年4月~
1996年7月
1996年10月

1996年11月
1997年10月
1998年7月
1998年11月
1999年10月~
2000年5月
2001年2月
2001年11月
2001年11月
2002年1月~
2002年10月
2006年8月
2008年5月
 ~現在まで

杉浦 俊(俊治)が主宰となり『有限会社アクターズユニオン』を設立。
当時のメンバーは5人。
中部日本放送(CBCテレビ)連続ドラマ「愛する」にレギュラー出演。
この時期からテレビ・ラジオ等への放送にメンバーが出演。
演劇「ジャストマリッド」製作及び販売。
青少年への教育の一環として「名古屋室内管弦楽団」の事務局も務める。
杉浦 俊が名古屋放送芸能家協議会の理事に就任。
演劇「ジャストマリッドII」製作及び販売。
東海ラジオのドラマ「みの・ひだどらまん街道」の声優プロデュース。(99年3月まで続く)
岐阜放送のラジオ番組「ふるさとぎふ再発見」の製作。(02年3月まで続く)
名古屋民放著作権・実演等連絡会の会員となる。
杉浦 俊が、地元の名君「徳川宗春」を取り上げた東海ラジオのドラマ『宗春参上』で
徳川宗春を演じることが話題となり、地元各新聞社から記者会見を受ける。
当社のアトリエ公演「サイモン・クリニック」を上演。
CBCテレビ「夢の風景」の番組取材協力を受ける。
当社のアトリエ公演「人間交差点-恋の引っ越し物語」を上演。
当社のアトリエ公演「二つの祖国を持つ女-李香蘭」を上演。
東海ラジオのドラマ「彩光大府ロマンス街道」の声優プロデュース。(01年9月まで続く)
厚生労働大臣の許認可取得。23-ユ-020100。
当社のホームページを開設。
愛知県額田郡幸田町立北部中学校「中学生の声優体験」協力。
名古屋大学の「声紋研究」に協力。
中部CM合同研究会の会員となる。
名古屋で本格的な声優専門養成機関「アクターズユニオンアカデミー」を創設。
webドラマ「イントゥ・ジ・アリーナ」の声優プロデュース
東海ラジオのドラマ「渾身のストライク~名古屋軍名投手・石丸進一」の声優プロデュース
毎年、当社のボイスサンプルCDを製作。中部圏にとどまらず、関東・関西へも配付。
「アクターズユニオンアカデミー」は、マスコミ・メディアへの直系機関。
優秀者はデビューへの道が約束される。